A NEW FORM OF
ANALYSIS IN THE CLOUD
ACROSCALE

糖タンパク質医薬品の課題を
ブレークスルーする分析技術を駆使し
革新的バイオ医薬品の創出に貢献します

分析クラウドとは

微量かつ迅速な糖タンパク質糖鎖の分析サービス

  • 高感度 高分解能
    XevoG2XS Q-TOF
    を主力に
  • 柔軟に
    前処理~解析まで
    自由にサービスを組み合わせ
  • 迅速に
    リードタイム 3日
    WEB提供
  • 低価格
    1万円~/分析

READ MORE

分析クラウド 特徴特徴1特徴2

特徴1:自由にサービスを組み合わせることができます

オンデマンドソリューション

糖タンパク質創薬のために必要な分析サービス機能を
お客様の用途に合わせて組み合わせることができる
オンデマンドソリューションです。

  • お客様の要求→お客様の要求→
  • サービスを自由に組み合わせ→サービスを自由に組み合わせ→
  • 課題解決 性能実証→課題解決 性能実証→
  • 分析クラウドから研究スピードUP分析クラウドから研究スピードUP

READ MORE

特徴2:お客様自身で解析を行うこともできます

計測データからの解析
計測データを直接お客様自身の手によって解析することで、お客様の目で直接、新たな知見を得ることを可能にします。
RAWデータからの解析
RAWデータをインターネット上からダウンロード。お客様の手元にある解析ソフトにより、好みのデータ表現が可能です。
解析データの照会
解析データをインターネット上からダウンロード。ルーチン化したデータ表現をメンバーの方へ、いち早くお届けすることが可能です。
解析レポートの照会
糖鎖解析の結果(PDFレポート)をインターネット上からダウンロード。解析レポートをいつでも取得することが可能です。

サービスのながれ

1.サービスの申し込み
ウェブサイト上でお申し込みいただきます。申し込みフォームにご記入いただきました内容を元に、弊社にて簡単な審査の後、サービス開始通知書・規約・仕様書・秘密保持宣誓書を送付致します。
2.分析依頼(個別サービス依頼)
依頼フォームにご入力いただき、受付が完了次第分析仕様書を送付いたします。ご確認いただき、仕様に問題が無いようでしたら承認フォームより承認を行ってください。
3.分析作業
検体を指定のキットに格納し、ご送付ください。検体が弊社に届き次第、検体受領書を送付いたします。分析作業が完了次第、RAWデータおよび解析データ、解析レポートがダウンロード可能になります。
※各種データのアップロード期間は60日となります。
4.ご請求
分析が完了し、各種データ送付後、請求書を発行させていただきます。
翌月の末日にお支払いください。

サービスメニュー

研究活動

  • CHEMICAL APPROACH TOWARD GLYCOPROTEINSCHEMICAL APPROACH TOWARD GLYCOPROTEINS

事業内容

01.分析クラウドサービス 糖鎖プロファイル法, 糖ペプチド分析,グライコフォーム分析, ペプチドマッピング 02.分析支援サービス 分析機器導入/校正サービス 分析機器の設置, 適格性評価, システム適合性評価 分析業務支援サービス 分析法の開発, 分析SOPの作成 分析に関するコンサルティング及び教育 03.試薬販売 糖鎖標準品(化学合成)N-結合型糖鎖, O-結合型糖鎖 糖ペプチド/糖タンパク標準品(化学合成)

株式会社アクロスケール 製品/サービスの提供(医療部外品・化粧品 開発企業様、製薬企業様 創薬ベンチャー様)、試薬の製造委託(糖鎖工学研究所(親会社))、共同研究(国・地方自治体)、共同研究、分析依頼(大学・研究機関)、海外市場(北米、欧米、アジア)

糖鎖/糖タンパク/糖ペプチドの
化学合成標準品を核とした
最先端の分析技術/合成技術を駆使し
革新的バイオ医薬品の創出に貢献します

アクロスケールは、糖タンパク質創薬を推進する分析技術を核としたバイオサイエンス企業です。この分析技術は、当社が保有する糖タンパク・糖ペプチド・糖鎖の「化学合成標準品」を活用することで達成されます。この標準品を用いて、高感度・高分解能を持つ最新分析機器を利用し、最適な分析系を立ち上げることで、糖タンパク質創薬のために必要な微量かつ迅速な定性・定量系の分析を行うことができるようになります。
生物活性に関与するといわれる高次構造あるいは糖鎖構造のプロファイル管理は、分子構造の高次制御を目指すバイオ創薬のひとつの大きな流れとなっており、高精度な分析アプローチは製品の品質向上をもたらすとともに、最終的には工程および製品の品質管理負荷の軽減を導きます。一方、基礎研究分野においては、未だ知られていない糖鎖機能やタンパク機能の解明に繋がる可能性を有しています。
アクロスケールは、糖タンパク質性医薬品製造技術の課題をブレークスルーする分析技術について、さらなる内容の充実と技術的革新を目指します。

潜在的課題→基準の策定→分析法→革新的品質管理法の開発

会社概要

商  号 株式会社アクロスケール
設  立 2014年2月10日
資本金等 1億円
株  主 株式会社 糖鎖工学研究所
代表 横田 潤児(代表取締役社長)
役員構成 横田 潤児 (代表取締役社長)
朝井 洋明 (取締役、糖鎖工学研究所 代表取締役社長)
渋谷 博 (取締役、糖鎖工学研究所 取締役)
平間 正博 (取締役、東北大学名誉教授
元東北大学大学院理学研究科教授)

井上 英明 (会計参与)

OFFICEOFFICE